カレンダー
最近の記事+コメント
 ブログ内検索
 カテゴリー
 リンク
 フリーエリア
 最近のトラックバック
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ☆ランキングに参加してます☆
    
***ご協力ありがとうございます♪***

【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
プーちゃん病院へ・・・
2006.06.27 (火)
しばらくブログ更新をしていない間、
プーちゃんの病院通いのため毎日実家へ通ってました(^_^;)

2004年8月に膀胱炎になってからは定期的に検査するために
病院通いをしていたプーちゃん。
今回は定期検査とは別の症状での通院でした。。。

始まりは先週の金曜日(23日)午後の母からの電話。
 母:「昨日の夜(22日の夜)からプーの様子がおかしいんよ・・・。
 私:「え・・・!?
母の話では、22日の夕方の散歩は普通に行ったけど、
夜ゴハンを全く食べなかった。
いつもは喜んで食べるパンや牛乳も口にしない。
部屋にあげると伏せの状態のままでウトウトし続けて、
母が呼びかけても反応が無い。。。
23日の朝はちょっと散歩に行って普通にオシッコもした。
嘔吐や下痢はしていない。
やっぱりゴハンは食べない・・・と。

暑くなると食欲が落ちて朝ゴハン食べなかったりする事はあっても、
好きな物だけは食べるという現金な子だったのに!
どう考えても普通じゃない・・・(T□T)
急いで実家に行くとプーちゃんはいつもの場所で横になっていて、
私が近寄ると立ち上がったけど、反応が薄く、すぐに座り込んだ。
これは、やっぱり、変!!
すぐに病院に連れて行った。。。
20060627184956.jpg


【続き】
病院にはあらかじめ症状を話していたので、着くとまず検温。

 先生:「あ~、熱があるよ・・・。40度
     プーちゃんの負担になるけん、
     今日は無理に検査せんほうがいいやろうね。」
おまけに肺に雑音が聞こえる、舌の色も悪い、との事。
解熱剤・抗生剤・消炎剤・栄養剤、と注射を4本打ってもらい、帰宅。
熱がちょっと下がったのか、牛乳を口にしたので、
私もひとまず家に戻って次の日また来る事に。

翌日からの経過報告↓

24日(土):体温39.5度、検査出来ず昨日と同じ注射のみ。
      夕方、また様子がおかしい事に気付く。
      後ろ足が思うように動かないよう。
      何歩か歩いた時に、後ろ足がヨロヨロしていた。
      あとは、ただ立ちつくすだけで、前にも後ろにも動けない。
      座ることも出来ない。。。
      でも、痛そうな感じは無い。
      時間外で病院も閉まっていたけど、母が病院まで行って
      様子を話すと「ヘルニアかも?」ということで、
      痛み止めの座薬をもらってきた。
      「何故こんな突然に??」と思いつつ、座薬を入れる。
      しばらくするとトコトコ歩き出した。
      夜ゴハンも食べて、私達の分まで欲しがる。
      私は実家に泊る事にして一晩中そばで様子を見ていた。
      プーは寝苦しいのか何度も、起き上がっていた。 

25日(日):体温38.4度(平熱に!)
      でも、日曜で先生1人しかいないので、検査出来ず。
      抗生剤と消炎剤の注射のみ。
      相変わらず肺の雑音は聞こえる。
      食欲も戻ってきたけど、まだ原因が分かっていないので、
      不安は変わらない。
      私は心の中でずーっと
      「プーちゃんは大丈夫、プーちゃんは大丈夫・・・」
      と呪文のように唱え続けていた。(←怪しい人?)

26日(月):体温38.3度
      血液検査・エコー検査・レントゲン検査を行なう。
      血液は白血球数・血糖値・GPTが少し高かった。
      エコー検査では肝臓・腎臓・脾臓・膀胱には異常なし。
      胆のうの周りに炎症が見られる。(熱のため?)
      肺のレントゲンで白い丸い影がポツポツ見えた。
      結果、気管支炎という診断。
      腰のレントゲンではヘルニアは見られなかったヽ(^◇^*)/
      (動けなくなった本当の理由は分からず・・・。)
      とりあえず一週間、抗生剤と消炎剤の飲み薬を与える事に。

ひとまず、重大な病気ではなかったので母と私は一安心(*´∇`*)
プーも高齢(12才)なので、今までと同じつもりじゃいけないってこと。
散歩で雨に濡れたらちゃんと乾かして暖かい所に入れてあげるとか、
(今まではどしゃ降りじゃない限り庭に出ていた・・お庭大好き♪プー)
段差のある所からは飛び降りさせないようにするとか、
(高いところにジャンプして飛び下りるのが好きだったプー♪)
人間のお年寄りを扱うのと同じように気をつけてあげないとね。。。
ちょっと寂しいケド・・・(´・ω・`)
人間みたいに「熱っぽくてダルイ」とか「息苦しい」とか「腰が痛い」とか
「足が動かないみたい」とか、喋れないから余計、気をつけなきゃね。

↓おやつに対する情熱は取り戻したプーちゃん(;´▽`A``
20060627183747.jpg
早くいつもの元気なプーちゃんに戻るんだよ~!!

 ☆ランキングに参加してます☆
    
***ご協力ありがとうございます♪***

【記事編集】 18:55| わんこ| トラックバック:0| コメント:12Top↑
コメント
こんばんは。
びっくりしましたね~!

うちのわんこは2匹はいたって健康なもので
病気になったことがないんです。

でも、ぶーちゃん、元気になったようでよかったですね。でも、完全に治るまではお大事にね
チョコひと | 2006.06.27(火) 21:10 | URL
プーちゃん、大変だったんですね。。。
でも、回復したみたいで良かったです。
動物って、人間みたいにしゃべらないから具合悪くても
分かりづらいですよね?
様子でこちらが、気付いてあげないと…

プーちゃん、これからも元気でね(^^)
Blue sky | 2006.06.27(火) 23:02 | URL
とりあえず
よかったね
気管支炎ならお薬で回復するだろうし!
何日もハラハラして不安だったでしょう
高齢になるとほんのちょっとした事も大変な事につながるだろうし、オリーブさんが言われてるように色んな事に気を付けないといけないですね

ぷーちゃん、早くよくなって元気になるんだよ~
桜花 | 2006.06.27(火) 23:21 | URL
心配ですね・・・
こんな時ホントなんかしゃべってくれたら!
って思うけど無理な話だし。
最近の天気も影響してるのかな?
人間でも体調こわしますからね。

でもおやつ食べれるようになって良かったですね^^

ちひろ | 2006.06.27(火) 23:46 | URL
プーちゃん
プーちゃんひとまず、重大な病気でなくてよかったですね。オリーブさんもお疲れでしょうから、温泉にでもいって疲れをとってくださいね。
じゆさ | 2006.06.27(火) 23:54 | URL
>チョコひとさんへ
ホントにビックリしました。
うちのプーも膀胱炎になるまでは特に病気をした事が無かったので・・・。
これからは、もっと注意してあげないと、という感じです。
ひとまず安心しましたが、完治するまでは私もちょくちょく実家に顔を出そうと思ってます。
心配してくださってありがとうございます。


>Blue skyさんへ
今回は原因が分かるまで本当に心配しました。
こんなことは初めてだったので・・・。
こういう時だけでもワンコが喋れるといいんですけどね(^_^;)
少しづつ元気になってきてるので安心しました。
プー「心配してくれてありがとう U^ェ^U ワン!」


>桜花さんへ
ありがとうございます。ひとまず安心しました!
今回はプーに何が起こってるのか分からず、不安な3日間でした。
ただでさえ病院通いが続いているのに、次は何?(ToT)って感じでした。
今までは何でも無かったことが大事につながるんだなと改めて分かりました・・・。
プー「ちゃんとお薬飲んで元気になるよ~!」


>ちひろちゃんへ
もう、本当に心配したよ。。。
人間みたいに喋れないから「苦しいんだろうなぁ・・・」と思うと余計にかわいそうになって(T-T)
天気も関係してるのかなぁ・・・。
やっぱり一番大きいのは年齢みたい。。。
おやつもゴハンも食べるようになったから少し安心したよ(^_^)
ありがとうね☆


>じゆささんへ
ありがとうございます。
ホントにひとまず安心しました。
私まで食欲が無くなってしまいましたσ(^_^;)
温泉、最近行ってないので行きたいです。。。
オリーブ | 2006.06.28(水) 08:20 | URL
大丈夫ですか?
なんだか大変だったのですね…。12歳ですもんね。
こっちはまだまだ若い!と思っていても、いつのまにか
年を取っているんですよね…。
うちの先代も、おばあちゃんという単語が全く似合わないくらい、
最後までハッスルわんこでした。最後はちょっと病気しちゃったんですけど、
それでも病院で他のわんこの飼い主さんに「若いでしょう?」って言ってもらえるくらい
見た目若い子でした。
プーちゃんも見た感じまだまだ若いけど(ていうか、写真かわいいんですけど!!)
12歳なんだね。おやついっぱいもらって、早く元気に
なりますように…v-421
hana | 2006.06.28(水) 18:05 | URL
ひとまず良かったですね。
私もワンコ飼ってた頃は自分の気が済むまで
何度も病院に通い続けたものです。
オリーブさんも大変かと思いますが、
プーちゃんのためにがんばってくださいね!

でもわんちゃんの病気発覚って
大好物を食べないか、大好きなお散歩でも全く元気がないか
どちらかしないことで気付くことないですか?笑
なみの介 | 2006.06.28(水) 18:40 | URL
お疲れ様でした。よかったね!

体温38.4度が平熱なんだ~~~v-405
とか
レントゲンとかエコーとかするんだ~~v-100
とかいろいろ思ったよ(笑)
いこ | 2006.06.28(水) 21:16 | URL
>hanaさんへ
そうなんです。
うちも見た目がまだまだ若いから、つい若い頃のままのつもりでいたんですよね。。。
母ともよく「プーは見た目も若いし、元気よね~!」って話したりしてたので・・・。
でも中身は12才。油断は禁物ですね。。。
改めて思い知らされました(´・ω・`)

写真カワイイでしょ~(笑) ←親バカヾ(;´▽`A``
プー「褒めてくれてありがとう♪早く元気になるよ~!!」


>なみの介さんへ
なみの介さんもワンコ飼ってたんですね(^_^)
人間が具合悪い時はまだ話せるから、ある程度予想がつくんですけどね。。。
ワンコの場合は症状だけじゃ予想出来ないので、原因が分かるまでは不安でした。

そうですね、大好物を食べないとか散歩に行きたがらないとかが一番分かりやすいですよね~(笑)


>いこちゃんへ
もう、ホントにビックリしたよ~。
とりあえず一安心('-'*)
でも、今日も実家に行ったけどまだ息苦しそうだった。。。
平熱、人間より高めだよね(^_^;)
直腸で計るからかな~?
エコーは1~2ヶ月に1回やってるんだよ。
レントゲンよりも内臓の状態がよく分かるみたいだよ☆
オリーブ | 2006.06.28(水) 22:26 | URL
そうだね。
ほんとに病気の時だけでも喋ってくれたら、どんなにいいかと思いますね。
すんごく不安だったでしょう。
動けなくなった原因はわからなくても、まずは気管支炎を治して様子をみてあげられるもんね。

熱中症とかではないの?
最近、お友達のブログで黒ラブちゃんが蒸し暑い中で運動しすぎてフラフラになったって聞いたので。
プーちゃんがどんな環境で生活してるのかわかんないけど、歳と共に暑さにも弱くなると思うから注意してあげてね♪
ようこ | 2006.07.01(土) 01:49 | URL
>ようこさんへ
今回はきちんと診断がつくまでに何日かあったので、ほんとに心配でした。。。
後ろ足が動かなくなった時も、「いったいプーちゃんの体に何が起こってるの??」という感じでした。。。
熱中症の症状とは違ったみたいです。
よだれもたらしてなかったし、しっかり立っていて表情も普通なのに、後ろ足だけ動かせない感じで。

昨日、また様子を見に行ったのですが
食欲もすっかり戻って、息づかいも普通に見えました(^-^)
まだ足取りは軽くはないので、
完治するまでは無理させないようにしないと、ですね。

今までは昼間は庭に放し飼いで、木の陰に行ったり、家の陰に行ったりしてたんです。
でも、年も年なので暑い日は無理にでも家の中に入れたほうがいいよと母には話していました。。。
(家の中に入れると外に出たがるので・・・。)
私がいつも様子を見ていてあげられればいいんですけどね(´・ω・`)
オリーブ | 2006.07.01(土) 08:09 | URL
コメントを投稿する
***スパムコメント防止のため、画像認証&承認制にしています。
    表示までしばらく時間がかかります。ご了承ください。***
URL
コメント
パスワード
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
 プロフィール
 いらっしゃいませ♪
メールフォーム
☆おすすめ☆
 RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。