カレンダー
最近の記事+コメント
 ブログ内検索
 カテゴリー
 リンク
 フリーエリア
 最近のトラックバック
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ☆ランキングに参加してます☆
    
***ご協力ありがとうございます♪***

【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
湯平温泉の風景
2006.10.06 (金)
2006年9月23日訪問。

大分県由布市湯布院町にある湯平(ゆのひら)温泉
近くにある由布院温泉よりも歴史は古く、
戦前までは別府に次いで九州第2位の温泉地だったらしい

大分に住んでいた頃から名前だけは知っていたけど、
わざわざ訪れたことは無かった。。。
今回は他に目的地もあったので、ちょっとだけ立ち寄ることに♪20061006170008.jpg
この温泉街のシンボル石畳の坂道は約300年前に作られたそう!
石畳の全長は約500mらしいけど、私達は半分ほどでギブ
この日は天気が良くて暑かったしヾ(;´▽`A``

温泉街を流れる花合野川(かごの川)。
20061006163401.jpg
昔ながらの風景という感じで、なんだか懐かしい気分になる。。。
流れる水もキレイだった

川沿いに建つ「中央温泉」。(別名:砂湯)
20061006163345.jpg
砂湯という名前から、指宿の砂むし温泉を想像したけど、
そうではなく、浴槽が川よりも低い位置にあるため、
大雨などの増水でよく土砂が流れ込んだ事からついたそう。
実際は、飲むと胃腸病にも効くといわれる弱食塩泉

連休中だというのに観光客も少なくて、時が止まったかのよう・・・。
20061006163415.jpg
由布院や黒川のような賑やかさはなく、ひなびた雰囲気。。。
今度はゆ~っくりと湯平散策してみたいな(*´∇`*)


「湯平温泉」*観光協会HP*



 ☆ランキングに参加してます☆
    
***ご協力ありがとうございます♪***

【記事編集】 20:21| 温泉(大分)| トラックバック:0| コメント:6Top↑
コメント
湯平
まだ、湯平は行った事ないけど、一度行ってみたいなって思ってます。
この石畳の坂道を、浴衣に下駄で歩いてみたいな^^
ひなびた感じとは良く聞くけど、本当にそうなんですね。
川沿いだと、水の音が聞けて良さそうんですね♪
Blue sky | 2006.10.06(金) 23:38 | URL
>Blue skyさんへ
石畳を浴衣に下駄で・・・って、風情ありますよね~(*^^*)
ちょっと坂は急ですが・・・(;´▽`A``
人が少なくてのんびり散策出来そうです♪
川の流れる音を聞きながら、温泉に浸かるのも気持ち良さそう!
オリーブ | 2006.10.07(土) 18:47 | URL
こんばんは。
湯平温泉、今度、別府に行くので、ついでに
寄ってみようかしら。
チョコひとは、由布院のようなおしゃれなところも好きだけれど、こんな鄙びた感じ、大好きです。

温泉もお肌にやさしそうですしね。
チョコひと | 2006.10.07(土) 20:48 | URL
日本情緒あふれる風景だねぇ。
昔の温泉街って感じ。
中央温泉はほんとに川がすぐ横だ。
一瞬、船が温泉なのかと思っちゃった(笑)
モノクロがとってもあう街並みだね。
ようこ | 2006.10.07(土) 22:23 | URL
>チョコひとさんへ
今度は別府に行かれるんですか~!
全国いろいろ旅されててホントうらやましいo(´^`)o
もし、お時間があれば是非行かれてみてください♪
よくありがちなお土産ショップなどもなく、いい雰囲気でしたよ。
(って全部、歩いたわけではないのでハッキリ分かりませんが・・・。)
温泉は共同浴場が何ヶ所かあるようです♪
オリーブ | 2006.10.09(月) 00:01 | URL
>ようこさんへ
なかなか風情がありますよね~。
写真を撮ってて、モノクロが似合いそうって思いました(^_^)
変に観光地化されてないところがいいんですよね。
あまりに人が多いと、ちょっと興ざめしてしまうし。。。
中央温泉、川のすぐ側でホント、船みたいですよね!
オリーブ | 2006.10.09(月) 00:09 | URL
コメントを投稿する
***スパムコメント防止のため、画像認証&承認制にしています。
    表示までしばらく時間がかかります。ご了承ください。***
URL
コメント
パスワード
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
 プロフィール
 いらっしゃいませ♪
メールフォーム
☆おすすめ☆
 RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。